とび森の改造に必要な物まとめ

今回の記事はタイトル通り、とび森の改造に必要な物のまとめです。

 

・Homebrew launcher

f:id:yamirin1116:20160819213923p:plain

f:id:yamirin1116:20160819213940p:plain

Homebrew launcherことHBLとは、

自作ソフトや自作プログラムを3DS上で作動させるためのホームランチャーです。

 

・HBLの最新の導入方法について

先月28日にHBLの開発者であるsmea氏が、

FW11.0対応の無料でHBLを導入できるBrowserhaxとmenuhaxをリリースしました。

これでHBLの起動に必要だったキュービックニンジャや時のオカリナなどの

トリガーソフトを買う必要が無くなりました。

ですがやはり、またいつ対策されるか分からないので、導入するなら今のうちですね。

詳しい導入方法については書かないのでご了承ください。(検索すればでます)

 

9/13追記:本日任天堂からリリースされたFW11.1.0-34Jでブラウザハックとメニューハックができなくなったようです。

HBLを使っている方は、smea氏がTwitterで情報を公開するまで本体更新をせずに待ちましょう。

 

・savemanager

これはセーブデータをソフトからSDカードへバックアップしたり、

SDカードからソフトへ戻すのに必要です。

HBLから起動するソフトです。

gbatemp.net

 

・ACNL Save Editor

これは、バックアップしたとび森のセーブデータを開いて自由に編集できる

DLせずにブラウザで使えるオンラインエディタです。

usuaris.tinet.cat

 

・NLSE(ニューリーフセーブエディタ)

これは、ACNL Save Editorと違って、DLして使うツールなのでオフラインでも使用できます。

f:id:yamirin1116:20160807173830j:plain

↓DLはこちらから

NLSE-master.zip

 

・braindump

これはセーブデータの吸い出しではなく、

ゲームのプログラムやテクスチャデータなどの、

ROMデータを吸い出すためのツールです。

セーブデータと違って吸い出すのにすごく時間がかかります。

3dsフォルダに入れてHBLで使います。

 

↓DLは以下のリンクから

braindump.zip

 

以上です。

またなにかありしだい、記事を更新していきます。

 

今回の記事はここで終わります!

最後までご覧いただきありがとうございます!